ハンナの祈りとサムエルの誕生

Ⅰサムエル1章

23.1.1.

Ⅰサムエル記は、イスラエル士師時代から王政時代移行していく歴史を記しています。イスラエルとする神政政治からとする王政政治(君主制)へと移行しました。Ⅰサムエル記には、サムエル誕生生涯、最初の王サウル統治衰退ダビデ選び試練について書かれ、最後サウルで終わっています。またⅠサムエル記では、サウルダビデ対象的記述されています。ダビデへりくだり従って用いられていくのに対して、サウル高ぶり背いて見捨てられていきます。サムエル誕生は、母ハンナ祈り結果でした。どのような祈りがされたのでしょう。

(さらに…)

羊飼いたちへのキリスト誕生の知らせ

ルカ2:8-20

22.12.25.

キリストが生まれた夜、「ベツレヘム」の野原では、「羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守って」(8)いました。すると突然「羊飼いたち」の前に、御使いが現れて、キリストの誕生を告げました。「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」(ルカ2:11-12)

(さらに…)

飼葉桶に寝かされたイエス

ルカ2:1-7

22.12.18.

これまでイエス・キリストの誕生を描いた絵のほとんどの絵には、イエスがワラぶき屋根の馬小屋で生まれた様子が描かれています。実際、イエス・キリストは、どのような状況に生まれたのでしょうか。そして、それはどのような意味を持っているのでしょうか。

(さらに…)

インマヌエルなるイエス

マタイ1:18-25

22.12.11.

マリヤは、御使いガブリエルに告げられていた通り、聖霊によって身ごもりました。マタイは、「このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。「見よ、処女がみごもっいる。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」 (訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)」(22-23)と語っています。その「預言」とはイザヤ7:14です(1:23)。しかし、イエスが実際に「インマヌエル」という名で呼ばれたことはありません。これは、単なる名前ではなく、イエスが「インマヌエル」なるお方という意味です。では、「インマヌエル」と呼ばれるイエスは、どういうお方なのでしょう。

(さらに…)

イエスの処女降誕

ルカ1:26-38、マタイ1:16-25

22.12.4.

聖書は、イエス・キリストが処女マリヤから生まれたと証言しています。これは「処女降誕」と言われ、私たちの救いにとって、非常に重要な出来事でした。この処女降誕は、どのようにして起こったのでしょうか。処女降誕には、どのような意味があるのでしょうか。

(さらに…)

ダビデとゴリヤテとイスラエル人

Ⅰサムエル17:1-58

221127

ダビデとゴリヤテの話は有名です。しかし、イスラエル人たちは、その戦いを見てどう思ったでしょうか。今日はイスラエル人たちに焦点を当てて御言葉を学んでみましょう。

(さらに…)

神よりも人を恐れたサウル王

Ⅰサムエル13,15章

22.11.20.

聖書の中で、繰り返し「神を恐れよ」と命じられています。「神を恐れる」ということは、「神を怖がる」ことではありません。「神を恐れる」とは、「神に対して畏敬の念を抱く」ということです。具体的には…。

(さらに…)

神を恐れよ(2)

申命10:12-13

22.11.13.

聖書の中で、繰り返し命じられていることの一つは「神を恐れよ」です。「恐れる」という言葉には、「怖がる」(fear)という意味があります。しかし、「神を恐れる」ということは、「神を怖がる」ことではありません。「神を恐れる」ということは、「神に対して畏敬の念を抱く」ということです。では、「神を恐れる」ということは、具体的にどのようなことなのでしょう。

(さらに…)

神を恐れよ

伝道者12:13-14

22.11.6.

聖書の中で、繰り返し命じられていることの一つは「神を恐れよ」です。「神を恐れる」とは、どういうことなのでしょう。

(さらに…)

敵の力を持ちくだくクリスチャン

詩篇110篇

2022.10.30

この110篇は預言的詩篇です。ダビデによる賛歌とありますから、神はダビデを用いて、彼への約束(ダビデ契約)を御霊によって謳わせたのでしよう。
預言としては「キリストの父の右の座への着座」と「最後のさばきとミレニアム」最後には「御父が御子に御霊を与えられる」ことも預言されています。特に 終わりの時に神は「敵を打ち砕く」と宣言されます。私たちも、終わりの時代に生かされたクリスチャン、敵の力を打ち砕いて勝利しましよう。

(さらに…)