カナの婚礼を祝福したイエス

ヨハネ2:1-11

24.2.4.

イエスが最初に行われた奇跡は、水をぶどう酒に変えるという奇跡でした。それは、ガリラヤのカナという村で行われた婚礼で行われました。この奇跡は、イエスがどのような方かを教えています。

(さらに…)

生き返ったツァレファテの女の息子

Ⅰ列王記17:17-24

240128

私たちは悲しい出来事を経験すると、その悲しみを誰かにぶつけたくなるものです。そんなとき、どうしたらよいのでしょうか。御言葉から学びましょう。

(さらに…)

あなたの天幕の場所を広げよ

イザヤ54:1-3

24.1.21.

イザヤ54章は、イスラエルの回復の約束です。それは、今日の私たちにどのような意味があるのでしょうか。

(さらに…)

新しい歩みをしよう

Ⅱ列王記 2:1-14

2024年1月14日

エリヤとエリシャの関係は、主イエスと私たちの関係を表していると言えます。エリヤとエリシャは共にいくつかの場所を旅していますが、それぞれの場所には霊的な意味があります。二人の旅を見ていきましょう。

1.ギルガル(1節

ギルガルは古い生活を「取り除く」場所です。

ギルガルはヨシュアたちが宿営した場所であり、エジプトから完全に離れなければいけない場所でした(ヨシュア記5:9)。イスラエルの民はエジプトを脱出した後、40年間荒野を旅していました。ギルガルは40年間の荒野の旅に終止符を打つ場所です。ギルガルを越えて行かないとまたエジプト(罪とこの世)に戻っていくことになってしまうでしょう。もしくは、いつまでも同じ場所をグルグル回ることになってしまいます。

2.ベテル2節

ベテルは神に全てを明け渡す場所、神に礼拝を捧げる場所です。

ベテルはアブラハムがテントを張って、祭壇を築き、神に祈り、神を礼拝した場所です(創世記12:8)。そしてアブラハムの孫ヤコブが神に仕える誓いを立てた場所でした(創世記28:16-22)。ベテルは「神の家」という意味です。礼拝を捧げ、10分の1献金を捧げ、祈りを捧げる場所です。

3.エリコ4節

エリコは神の戦いに参加する場所です(ヨシュア記6:1-5,20)。

私たちはイエス・キリストの御名によって勝利できます。イスラエルがエリコの城壁を崩して勝利したように、私たちも勝利できます。主イエスは礼拝を越えて、更に先へ進むようにと私たちを招いています。どの領域へですか?伝道の働きをし、主イエスの弟子になっていくという領域です。

4.ヨルダン6節

ヨルダンは超自然の領域が見え始める場所です。

天が開かれて、主イエスの上に聖霊が下ってきたのがヨルダンでした(マタイの福音書3:13,164:23,24)。エリヤが天へ上って行く時、エリシャはエリヤの働きを継承する相続権、2倍の油注ぎを求めました(9節)。彼の願いはかなえられ、エリシャは天から落ちてきたエリヤの外套を取り、エリヤにあったのと同じ油注ぎを受け取りました(13節)。そしてエリシャは超自然のミニストリーへと入っていったのです。エリシャが水を打つと、エリヤと同じように(8節)、水が両側に分かれ、エリシャは渡りました(14節)。エリヤの神が自分の神にもなったのです。

 

信仰生活と教会生活には段階があります。エリシャはこのプロセスを経て、神からの祝福を受け、新しい領域に進むことができました。これは私たちの模範であり、私たちが歩むべき信仰の旅路でもあります。新年が始まりましたが、今までの古い自分と別れ、新しい歩みをしていきましょう。

ヤベツの祈り

Ⅰ歴代4:9-10

24.1.7.

「ヤベツ」とは、「悲しみ」という意味です。それは、ヤベツの母親が「悲しみのうちに…産んだ」子どもだったからです。この「悲しみ」という語は、10節の「苦しむ」と同じ語です。ヤベツは、生涯、「悲しみ」と呼ばれながら生きてきたのです。しかし、「彼は兄弟たちより重んじられた」(9)とあります。この「重んじられた」は、ヘブル語で「栄光」という意味があります。ヤベツは、「栄光ある者」となったのです。その秘訣はヤベツの祈りにありました。ヤベツが他の兄弟たちより優っていた点は、ヤベツが神を呼び求めたことでした。ヤベツは、熱心に神に祈る祈りの人であったのです。それゆえ、ヤベツの祈りに主は答えて下さり、ヤベツを祝福して下さったのです。

(さらに…)

主の恵みに感謝しよう

詩編103:1-

2023年12月31日 

この一年全てがうまくいったわけではないと思いますが、それでも主に感謝を捧げて一年を終えましょう。一番良い方法は、主の恵みを数えることではないでしょうか。

(さらに…)

東方の博士らの旅

マタイ2:1-12

231224

神の温かい愛を感じたり、病気のいやしや不思議な体験など、人はそれぞれいろいろな方法でイエスを信じると思います。その時は神の導きを強く感じても、クリスチャンとして生活し始めた後、どのように歩んだらよいかわからなくなってしまうこともあります。そんなときどうすればよいのでしょうか。御言葉から学びましょう。

(さらに…)

クリスマスの不思議

ルカ2:1-20

23.12.17.

ルカ2:1-20には、イエス・キリストの誕生の次第が記されています。そこには、主の不思議な導きが見られます。

(さらに…)

クリスマスの奇跡

ルカの福音書1:26-38

2023年12月10日

主イエスの誕生物語は、マタイの福音書とルカの福音書に記されています。   マタイの福音書は主イエスのお父さんであるヨセフの立場から書かれ、ルカの福音書は主イエスのお母さんであるマリヤの立場から書かれています。

(さらに…)

成就したキリスト来臨の預言

マタイ1:1-25

23.12.3.

キリストの誕生は、突然起こったことではなく、聖書に預言されていたことだった。

(さらに…)